マルチ発光も可能な600W充電式モノブロックストロボ、HD-600【プレビュー1】

※本記事で紹介している『HD-600』は旧型品となっております。現行品は『HD-600-V JINBEI バッテリーモノストロボ』となります。

 当社が新規取り扱いをスタートさせるブランド、「Jinbei」の商品を一足先にご紹介!

充電式モノブロックストロボに新人登場、HD-600

バッテリー内臓のモノブロックタイプといえば、弊社取り扱いのPriolite MBXシリーズProfoto B1シリーズが話題になっていますが、このジャンルのパイオニアはコメットさんのBM-400だと思います。前述の2種は後発故20万円を切る価格で極めて高性能。Prioliteはハイスピードシンクロへの対応を進めていますし、ProfotoB1は遠隔のTTL調光が利用可能とのことですからよりテンポよく撮影をすることが出来そうです。特にポートレート撮影では効果を発揮するのではないでしょうか。(個人的にめちゃ使ってみたい・・)

電源取れないから充電式が必要、クリップオンストロボでは頼りないけど、セパレートタイプ※1はかさばるし、月までは遠いし、というカメラマンの要望にぴったり。

「そんなカメラマンいるのかよ」と思っていた私ですが、出張撮影ではPrioliteのMBX500をメインに使ってます。本当にすみません。クリップオンで行けそうな場面でもMBX500をセッティング。ちょっと大変ですが、多少大げさな機材の方がお客様も気持ちよく撮影していただけます。(当社比)

そんなこんなのこのジャンル。今夏、最大600W/Sの出力を誇るバッテリー内蔵モノブロックストロボ、HD-600が登場します。

※1:ヘッドとジェネが分かれたタイプ。

Jinbei HD-600

Jinbei HD-600

 

 HD-600の性能をチェック

HD-600はJinbei社の新製品。まずはメーカー公称のスペックシートをご覧ください。
※スペックは事前の予告なく変更される場合があります。

ガイドナンバー(GN)

80(18㎝リフレクター使用時)

発光可能回数 500回@フルパワー
リサイクリングタイム 高速モード:0.3~3.5秒  通常モード:0.3~4.5
調光範囲 22段階 1/128(4.7W/S)~フル(600W/S)
チャージ完了時 LCDディスプレイ / 完了音
閃光時間(t=0.5) 1/15,000秒(最少出力時)
色温度 5500K±200K
モデリングランプ 5W LED(フル点灯 / 60秒後自動オフ)
同調方式  専用無線機 / シンクロコード(3.5mmミニプラグ)
スレーブ 光スレーブ(ON/OFF)
マルチ発光 対応(128W/S時、15Hz、30回)
シンクロ電圧 DC3.3V
電池 リチウムイオン DC14.8V 6600mAh
スタンド接続部 16mmメス
マウント Bowens Sタイプ
重量 2.48Kg
寸法 124mm×268mm
同梱品 スタンド接続ブラケット、手持ちブラケット、無線送信機、ミニレフ、専用バッグ、専用充電器

基本的な機能はもちろん網羅していますし、AC電源を使うモノブロックよりも秀でている部分がたくさん。注目の機能をご紹介します。

  • 600W/Sの出力で500回発光可能!
  • 閃光時間が1/15,000秒!
  • フル出力時も3.5秒でチャージ完了!
  • 4.7W/Sまで絞れる!
  • マルチ発光対応!

他にも、このスペックに対してのサイズの小ささや、無線受信機内蔵、LEDモデリングランプなどがあげられますが、正直ほんとかよ!と突っ込みを入れてしまいました。今後出来るところはチェックしたいと思います。とりあえず、光量、リサイクリングタイムに関しては近似値が出ました。

 

HD-600 スタンドアダプター

HD-600 スタンドアダプター

HD-600 操作パネル

HD-600 操作パネル

HD-600 発光部

HD-600 発光部

 

 

 

面白い、でもアレを撮るしか思いつかない「マルチ(リピーティング)発光」

ん?と思ったのがこの機能。Canonさんは「マルチ発光」、Nikonさんは「リピーティング発光」と命名しているようです。クリップオンストロボとかによくついている連続発光機能がHD-600にも搭載されているんですね。

この機能はストロボを一定間隔で連続発光させる機能で、長時間露光と組み合わせれば分解写真のような多重露光写真が撮れちゃうのです。真っ先に思い浮かんだのが↓な写真。

マルチ発光作例

マルチ発光作例

大抵これを撮って終わりそうな気もしますが、遊べる機能であることは間違いないです。クリエイト脳が試されそう・・

HD-600は最少出力時に2秒間に30回のマルチ発光が可能となっていますよ。

 

動きを止める、短い閃光時間

海外のブログにHD-600とJinbei社のモノブロックストロボを比較した記事がありました。800RPMで回転するファンを撮影するというモノ。

なぜかこちらのブログでは閃光時間はフルで1/15,000となってますが、フル発光時は結構ぶれてますからちょっと怪しい気もします。(オシロスコープ等の設備が無いため実測は難しいかもしれません。)

 いずれにせよ、最少出力ではかなり短い閃光時間。ミルククラウンなんかもパキッと止められそうです。

 

使ってほしい!だから、、

これだけ高スペックのHD-600。マウントはBowensのSタイプなので、弊社のソフトボックスを含めてアクセサリーには困りません。

販売開始は7月中を予定しております。

でもって、まだまだ新製品をご紹介していきますのでご期待くださいね。

HD-600やその他製品に関するお問い合わせは当店までお気軽にどうぞ!

 

お問い合わせ

URL :
TRACKBACK URL :

コメント一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)