ピザの写真を撮影用ライトを使用して撮影する


撮影セッティング

通常、料理撮影となると斜め方向からの写真が一般的ですが、いつもとは少し違った視点で撮影してみると、新鮮でかつスタイリッシュな一枚に出会えることも。

例えばピザのように比較的フラットな料理の場合なら、真上からの撮影も効果的です。逆光気味のライティング(今回の撮影には「撮影用ライト Flora」を使用)に加え、サイド面からレフ板で光を起こしてあげることで、きつい影も柔らかくなりました。

<掲載商品の販売終了・後継機について>
本記事で紹介している蛍光灯ライト『Flora(フローラ)シリーズ』は2017年8月時点にて販売終了となっております。現在は同等スペックかつ軽量・大光量・アクセサリー多彩な『LEDライト EF-60Aシリーズ』をご紹介しております。


ピザの俯瞰(ふかん)写真

真上から撮影することで、トッピングの詳細や綺麗に盛りつけられた料理などの見栄えが向上します。

なお、カメラを被写体に近づけ過ぎると、湾曲して写ってしまうので注意が必要です。
 
 
 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)