【自然光と仲良く】クリップオンストロボでポートレート屋外ロケ【SPINLIGHT360】

スナップ強い味方! クリップオンストロボ用ディフューザー

5月中旬の沖縄。梅雨入り宣言からすでに10日を過ぎようとしてますが、連日晴天続きもいいところです。売り手市場の昨今、梅雨ちゃんもより良い条件を求めて活動していることと思います。今回は晴天ロケの補助光にぴったりな「Spinlight360」を使ってみます(我ながらスムーズな導入)。

  • <撮影条件>
  • 逆光気味の屋外ロケでモデルさんの表情を見せたい!
  • レフ板も良いけどストロボ使いたい(SpinlightをPRしたい)
  • 少し柔めの光求む!

 

“晴天美女スナップ”

f値:2.8 SS:1/200秒 ISO:100 WB:自動(現像時5250K) レンズ:55mm

 

カメラ設定
  • シャッタースピード(SS):1/200秒
  • 絞り(f):f/2.8
  • 感度(ISO):ISO100
  • ホワイトバランス(WB):自動(現像時5250K) 
  • 焦点距離:55mm

使用機材

白のワンピース(また)に身を包んだふんわり系のモデルさん。日は傾きかけていて、露出を「背景or顔」のどちらに合わせるか悩む場面。クリップオンストロボ直射だと硬くてチープな印象になってしまうので、モデルさんの雰囲気残しを目指し、若干のディフューズ光を求めます。

 

SL360-PORT スピンライト360 ポートレートキット

MADE IN USAのユニークなアイテム。独自のマウントをベースに、様々な効果を作るアタッチメントを装着できる構造で、現場や表現に合わせた使い方が可能です。かさばらないので「とりあえず持っていこう!」も出来る優れもの。

SL360-WD スピンライト360 ホワイトドーム単品

ポートレートキットに含まれる、今回の撮影で使用したアタッチメントです。光源としては極小ですが効果は絶大。程よく色温度が下がるので、自然光との馴染みも良いのが嬉しいです。中心光量は1.5段ほど落ちますのでご注意下さい。

 

撮影セッティング

撮影セッティング

(見辛くて申し訳ありません)オンカメラで、ややあおり気味のカット

ポートレートキットに含まれるアイテムを併用して好みの光を探します。白のバウンスカードをつけると反射光がしっかりと入るので、今回は装着せず、写真中ののようにホワイトドームのみのセッティングです。

モデルさんと一緒に歩きながらシャッターを切るので、ストロボはTTLで駆動させます。プリ発光の減衰が影響するのが、発光量が大きくなりがちでしたのでストロボ側でアンダーの補正をかけます。

自然光とのミックスの場合、定常光成分もたっぷり含めることでストロボ光との繋がりがスムーズになります。これぞ日中シンクロ!という画ではなくなりますので、好みや表現に合わせて使い分けたいです。

シャッタースピードだけで定常光成分を調整するといつの間にかハイスピードシンクロになっていて「ストロボ光ってるのに光量が足りない!」みたいになってしまうこともあります。

  • <撮影のポイント>
  • ホワイトドーム装着で直射。白のバウンスカードをつけると光量UP。メリハリの効いた描写に◯。
  • ストロボはTTLで駆動。必要に応じ出力補正を行う。
  • ストロボのワイドパネルを使用するとより拡散力UP。
  • 露出は背景よりに合わせる。少し明るめにするとフロントからのストロボ光とのミックスもスムーズで自然に。

 

まとめ

  • 背景は沖縄本島北部の宜野座村にある「漢那ドライブイン」跡。昭和感漂う雰囲気がたまりません。風の強い日だったのでケアが大変でしたが程よく躍動感も加わって結果オーライでした。
  • 小さいですが瞳にキャッチライトも入りました。有り無しで印象がガラッと変わるので嬉しい効果です。
  • ディフューザーは物理的な大きさと拡散効果が比例すると言われていますが、ホワイトドームだけでも納得出来る効果が得られました。陰影のコントラストは残るものの、ハイライトの広がり方はモデルさんの優しい雰囲気にマッチしました。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)