グラス・ガラス製品(透過モノ)の撮影

ガラス製品をキレイに見せるためには「透明感」を演出することが手っ取り早いケースが多いようです。

そこで今回使用するのが、背面からの透過光撮影が可能となる『撮影ボックス TS400』と、背景から照射する撮影用ライト『モーニンググローリー』です。それぞれをこの下の図のようにセッティングします。


セッティング内容

グラスの清涼感を出すために、青色の半透明シートを選択。被写体が歪んで写らないように、被写体とはある程度の距離をとって撮影しました。

ちなみに撮影した室内の照明はすべて消灯。外光が入らないように夜間に撮影しました。


撮影例

『撮影ボックス TS400』にはこの青色のほか、合計6枚の樹脂製背景シートが付属します(半透明は青・赤・白の3色のみ。別売のシートもあります)。

被写体の印象に合わせた背景シートを使用することで、表現の幅もきっと広がるはずです。
 
 
 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントフォーム

*
*
* (公開されません)